アルミニウム(ふっ素樹脂加工)

  • お手入れ

    ①フライパンが暖かいうちに大きな汚れを洗い流しましょう。あとは中性洗剤とやわらかめのスポンジで丁寧に洗い、水(またはお湯)でしっかりすすぐだけ。
    ②水気をしっかりふき取る。表面加工のフライパンが焦げ付く原因として
    「洗い残し」があげられます。しっかりかつ優しくフライパンを洗い流しましょう。
    flyingpan_wash
    □お手入れには金属たわし、アルカリ性洗剤(漂白剤、食器洗い機用洗剤など)、クレンザーを使用しないでください。ふっ素樹脂塗膜をキズつけます。
    スポンジに中性洗剤をつけてよく洗ってください。洗った後はよく乾燥させてください。

    □こげついた場合、金属製の固いものでこすらないでください。表面をキズつけ、腐食の原因となります。水やお湯に充分浸して柔らかくした後で、中性洗剤を含ませたスポンジでていねいにお取りください。

  • 使用上の注意al_maintenance5

    ①予熱時間は1分以内
    ②空炊きは厳禁(耐熱温度260℃)
    ③食材を長期間保存しない(目安は一昼夜)
    ④傷をつけない(金属たわし、角が鋭利な金属ヘラなど)
    ⑤強火で連続使用するとふっ素樹脂加工の寿命が短くなります。